関東在住の沖縄県立二中・那覇高校卒業生の親睦・再会・出会いの場

関東城岳同窓会ホーム

What’s New
★沖縄県功労者に重田辰彌さんが選ばれました

2016年度の沖縄県功労者のひとりに重田辰彌さん(那覇高12期)が選ばれ、2016年11月3日(木)に那覇市のパシフィックホテル沖縄で翁長雄志知事より表彰されました。

(以下、琉球新報の記事を参照しました)
沖縄県功労者の表彰は、沖縄県の発展に貢献し、功績顕著な人を毎年選び、その功績を称えているもので、これまでに今回を含めて464人が選ばれています。

本年度の受賞者は
教育部門:翁長孝枝氏(那覇高8期)、多喜美枝子氏(教育、社会貢献の2部門)
伝統芸能・工芸部門:玉城政文氏、安次富長昭氏(伝統芸能・工芸と文化・学術の2部門)
スポーツ振興部門:伊波清孝氏
社会福祉部門:呉屋清德氏
産業振興部門:板井裕氏
社会貢献部門:國吉勇氏
一般篤行部門:重田辰彌氏(那覇高12期)

 

戦後の激動に努力重ね 沖縄県功労者10氏表彰
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-388226.html

沖縄県功労者に外間元県議会議長ら10人選出
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/68562

 

 

What’s New
★平成28年 関東城岳同窓会『総会&懇親会』開催のお知らせ

来たる11月12日(土)14時より
関東城岳同窓会の総会及び懇親会を
霞が関ビル35階の東海大学校友会館で行います。

公私共にご多忙のところ誠に恐縮に存じますが、
是非ご出席くださいますようお願い申し上げます。

また、恒例のお楽しみ抽選会は皆様のご寄贈によって実施致しております。
当日会場でご協力の品を受け付けておりますので、
より多くの景品をご持参いただければ幸甚に存じます
(なお、衣類につきましては、新品に限らせていただきます)。

 

日 時  11月12日(土) 14:00〜17:00
会 場  千代田区霞ヶ関 3-2-5
霞が関ビル35階 東海大学校友会館(03-3581-0121)
交 通  営団地下鉄「虎ノ門」駅11番出口、
又は「霞ヶ関」駅A13番出口
徒歩   約6〜8分
会 費  一般会員7千円、新卒者・学生無料招待

以上

 

 

 

Pick Up News

城岳みらいツアー (2012年8月23日)
那覇高校の生徒さんが夏休みを利用して各志望大学、施設や企業訪問のため上京してきました。

創立百周年記念誌『城岳讃歌』発行のお知らせ (2011年11月02日)
会員の皆様のご協力のもと、この度、無事発行することが出来ました。是非ご一読頂きたいものと考えています。

真栄田会長の私家版
「城岳の風に吹かれて―沖縄二中・那覇高の歴史を旅する―」が自家出版されました。

前川邦明さんのエッセイ集「帰省列車」が発刊
過去に新聞や雑誌等に掲載されたエッセイと紀行文が、この度一冊の本になって琉球新報社から出版されました。


書籍紹介

おきなわ就活塾
“挫折”は、飛躍へのスプリングボード!たとえ第二志望でもいい。

楽しい関東城岳同窓会の運営に心がけます
会長 真栄田 修(那覇高校8期)

同窓会と私
前会長 山路 安清(二中34期)

投稿記事

平成27年の関東城岳同窓会の『総会&懇親会』も無事に終わりました

今年の関東城岳同窓会は去る11月14日(土)、例年通り霞が関ビル35階の東海大学校友会館で行われました。当日は雨模様で心配しましたが、来賓を含め61名とほぼ予定通りの出席者となりました。 来賓には養秀同窓会東京支部長(首 …

9月・島唄会のお知らせ

9月の島唄会は、定例の13日(日)、「結まーる」で、12:00開始、で行います。 今回は私達にご縁の深いゲストをお迎えします。 6年前にNHKの「いっとろっけん」で私達の島唄会を取り上げて下さった上村(中村)陽子さんとご …

総会及び懇親会のお知らせ

平成27年10月吉日 会員各位 関東城岳同窓会 会長 真栄田 修  拝啓 錦秋の候、皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 さて。今年も関東城岳同窓会の総会及び懇親会を下記の通り開催することに致しました。 公私共 …

同窓会のお知らせ

秋も次第に深まってまいりました。皆様つつがなくお過ごしのこととお察しいたします。 今年も関東城岳同窓会の総会ならびに懇親会を開催いたします。皆様ぜひご出席くださるようお願い申し上げます。 ご案内は封書で会員皆様へお送りい …

PAGETOP
Copyright © 関東城岳同窓会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.